SAMPLE COMPANY

プロジェクト

1.プロジェクトってなに?

テストする通貨ペアを選んで「プロジェクト」というファイルを作ります。このプロジェクトにいれたデータを使って、 インジケーターを入れたり、売買を行って、トレードの検証を行っていきます。プロジェクトとは、通貨ペア、インジケーター、 売買履歴などを記録しておくためのファイルになります。

テストを行うためには、まずはプロジェクト作成してみましょう。

手法ごと、通貨ペアやテスト期間ごとに、プロジェクトを作るとトレード手法の結果の比較を行い安いです。 たとえば、USDJPYとEURUSDごとにプロジェクトを分けて作って、テスト結果を比較することで、 USDJPYの方がトレード結果がよくなる、などのことが分かってきます。

2.プロジェクトの新規作成

「新規プロジェクト」ボタンをクリック
新規プロジェクトボタンをクリック

プロジェクト名を付ける(手法名、通貨ペア名、時間足などわかりやすいものがよいです)
証拠金を入力
「次へ」をクリック
※証拠金は、テスト中に入出金できます。
プロジェクト名をいれ、次へをクリック

テストする通貨ペア名をチェック
テスト期間を入れる
ベーシック、スタンダードデータ配信の人は「1分足でデータ」の方をチェック
VIPデータに登録の方は「1足とティック」の方をチェック
「次へ」をクリック
通貨ペア、期間を設定し、次へをクリック

セッションクローズタイムを「ニューヨーククローズ」に設定(おすすめ)
で依頼とセービングタイムを「US DST」に設定(おすすめ)
「作成」をクリック
「その他」にある「前進限定モード」にチェックをいれると、チャートは前だけにしか、動かせなくなります。 チャートを戻せなくなるので、厳格に、自分の実力を測りたいときに、役立ちます。
※各銘柄/通貨ペアのデータはGMTで保存されています。大手海外ブローカーはニューヨーククローズを採用して いるところが多いので、セッションクローズは「ニューヨーククローズ」を選択することをおすすめします。
通貨ペアの時間設定をし、「作成」をクリック

チャートウィンドウが開き、チャートが動きだす
チャートが動く

3.プロジェクトの一覧表示、削除、再開

下記ボタンをクリすると、保存したプロジェクトの一覧が表示されます。
プロジェクトの一覧を表示

プロジェクトの一覧ウィンドウが表示される。

テストを再開する場合は、プロジェクト名をクリックして「開く」をクリック
テストを削除する場合は、プロジェクト名をクリックして「削除」をクリック
何もせずに、ウィンドウを閉じる場合は「キャンセル」をクリック
プロジェクトを再開、または削除する