SAMPLE COMPANY

成行注文の入れ方

成行注文は成行注文パネルだして、行います。
成行注文パネルの出し方は4通りあります。
プロジェクトの「開始」ボタンがクリックされていないと、注文ができません。
開始方法が分からない場合は、テストの開始と一時停止を参照ください。

1-a. 「注文」タブから「成行注文」ボタンをクリック

成行注文ボタンをクリック

1-b. チャートの上で損切プライスを右クリックし、買い、売りを選択

チャート上で右クリックすると、「損切プライスで買い」「損切プライスで売り」の表示がでます。
現在のプライスよりも下で右クリックをすれば買い、上なら売りになります。

損切プライスで売買

注文パネルに損切のプライスが入ります。(詳しくは後述)
損切プライスが入る

1-c. 「オープンポジション」ウィンドウの空白部分で右クリックして「新規成行き注文」をクリック

「オープンポジション」ウィンドウの上で右クリックすると、「新規成行き注文」のメニューが出るので、そこをクリック
オープンポジションの空白部分で右クリック

1-d. チャートを1回左クリックし、キーボードのF2キーを押す

ポジションを入れたい通貨ペアのチャートをクリックし、キーボードのF2キーを押します。
キーの割り振りは変更可能です。詳しくは、ホットキーの設定を参照ください。

2. BuyまたはSellをクリックしてエントリー

ロット、損切、利確などを設定を行い、Buy, Sellをクリックしてエントリーします。
エントリー

損切、利確プライスの入れ方

損切、利確プライスの入れ方は3通りあります。

1. 「買い」「売り」のどちらをするか、選択

行う予定の売買方向を選択してください。
買いまたは売りを行う予定

2-a. プライスを直接入力する

手入力で損切、利確へプライスを入れてください。
プライスをいれる

2-b. スポイトマークを使ってプライスを指定

スポイトマークをクリックします
スポイトマークをクリック

チャート上にスポイトマークが出るので、左クリックしてプライスを指定します
スポイトマークを使ってプライスを指定

2-c. 損切幅、利確幅を設定し、緑の矢印をクリックしてプライスをいれる

ベーシックデータを使用されている場合は1は1pipsになります。
スタンダード、VIPの場合は、1は0.1pipsになるので、15pipsの損切・利確なら150と入れてください。
損切幅、利確幅を設定していれる

損切、利確のプライスを消す場合は、Xをクリック

Xをクリックすると、入力したプライスが消えます
インストール終了

リスク%をベースにロット算出する方法

1. 「買い」「売り」のどちらをするか、選択

行う予定の売買方向を選択してください。
買いまたは売りを行う予定

2.損切プライスを入れる

損切プライスが入っていないと、ロット計算ができないので必須です。
損切を入れる

3.リスク値を入れ、リスク計算にチェックを入れる

リスク値は%単位です。1を入れると、損切にあったときに証拠金の1%の損失リスクを負います。
エントリーロット数はグレーで表示されています。
リスク%が小さいほど、ロット数が大きくなります。0.01%のように小さいものにすると、
ロット数が大きくなり、証拠金が足りなくなりエントリーできなくなります。
リスク計算する

エントリーした成行注文を削除する方法

成行注文をエントリー後、注文自体をなかったことにするには、チャートを巻き戻してください。
チャートの巻き戻し方法はロウソク足を1本づつ進める、戻すを参照ください。

1.成行注文がエントリーする

ポジションをエントリーしています。
エントリー地点までチャートを巻き戻す

2.「ホーム」タブから「バー1つ戻す」ボタンクリックし、エントリー箇所までチャートを巻き戻す

チャートをエントリー箇所まで巻き戻す。
リスク計算する

3.エントリーしたポジションが消えます。

ポジションがなくなります。
エントリーがなくなる

成行注文のリスト

エントリーした成行注文は「オープンポジション」に表示されます。

オープンポジション

エントリーした注文全てが表示されます。
エントリーがなくなる